TOPページ > 基礎知識 > くすみの原因の糖化とは?

美白の敵!糖化とは?

肌のくすみの原因とし注目されているのが「糖化」です。

糖化とは、たんぱく質や脂質が糖と結びつくことです。血液中に余分な糖分があると、体内のたんぱく質や脂質と結びついて変性させ、老化促進物質であるAGEsを作り出してしまいます。ちなみに糖化は、発見した人の名前を取ってメイラード反応とも呼ばれます。

トーストを焼くときに、こんがりと焼けて褐色になっていくのも糖化の一例。
食パンに含まれる「砂糖」が、卵や牛乳などの「たんぱく質」と結びついて変性しているのです。食物の場合の糖化は、こんがりといい香りがする反応ですが、 食パンを焼きすぎて硬くなってしまいますよね、これが体内で起こる糖化と似ていると考えていいでしょう。

つまり、糖化によって生み出された老廃物が皮膚の細胞に沈着すると、シミやくすみとなって肌の透明感がなくなってしまうということです。

ほかにも、髪のたんぱく質が糖化すると、髪のハリやツヤがなくなってしまうのです。トーストの表面でわかるとおり、糖化によって生まれるAGEsは褐色で硬いのが特徴ですが、AGEsが肌や髪に影響を与えると、年齢よりさらに老けた印象となってしまうのです。

このように、美容と言う点では命にかかわることはなく、あくまでも見た目の老化が問題になる程度ですが、糖化が血管や内臓に影響を与えると、もっと深刻です。

血管の組織が糖化によってもろくなると血管壁に炎症が起こりやすくなってしまい、動脈硬化となるリスクが高まります。当然動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞などの心配が出てきてしまうのです。また、腎臓は体内を巡って老廃物を含んだ血液をろ過して尿を作ります。ろ過する膜はたんぱく質でできていますから、これが糖化してフィルター本来の働きを失ってしまうと腎機能が低下してしまいます。すると血液中のたんぱく質が尿に漏れ出すことで、尿たんぱくの症状が出てしまいます。さらに骨では骨粗鬆症、目ではドライアイや白内障、網膜症なども、糖化が引き起こしていると言われています。

糖化は、アルツハイマー病との関連も指摘されています。健常な高齢者の脳と比べて、アルツハイマー病患者の脳には約3倍のAGEsが蓄積されていたという報告もあります。

このように、糖化は「老化」と「病気」の大きな原因となってしまうのです。いまからでも予防につとめていきましょう。

当サイト掲載中!おすすめ商品はこちら!

美白化粧品総合おすすめランキング

富士フィルム アスタリフトホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
アルブチン
美容成分アスタキサンチン
初回特典トライアル・送料無料
アンプルールラグジュアリーホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体・
アルブチン
美容成分 新安定型ハイドロキノン
初回特典 トライアル・送料無料
ディセンシア サエル

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 エスクレシド(独自成分)
初回特典 トライアル・送料無料
ヤクルト リベシィホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 3種の乳酸菌
初回特典 トライアル・送料無料
米肌美人 ライスフォース

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 各種ライスパワーエキス
初回特典 トライアル・送料無料