TOPページ > 基礎知識 > シミの原因!紫外線の種類とは

主な紫外線の種類は3種類!

シミの原因となる紫外線には、波長の長い順にUVA(長波長紫外線)、UVB(中波長紫外線)、UVC(短波長紫外線)の3つがあります

そして、紫外線のうち地上に届くのは、UVAとUVBの2種類の紫外線でUVCは地球上に届いていません。

UVB(中波長紫外線)

長時間の日光浴で肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり、肌が赤くなる日焼け(サンバーン)の主な原因となるのがUVBです。 UVBはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、あまり浴びすぎてしまうと皮膚ガンやシミの原因となってしまいます。
ただし、波長が短い分、UVAに比べると、オゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少いです。 ですので、日常生活の中で、日傘を使ったり、外にでるときは日焼け止めを塗るなど、極力直射日光に当たらないように心がけることだけで、ある程度の防御も可能です。

UVA(長波長紫外線)、

UVAはUVBほど肌に急激な変化を与えません。 UVAは紫外線に当たってすぐに肌が黒くなる日焼け(サンタン)を引き起こすことはありません。 このように聞くと、UVBよりも肌への影響が心配ないように見えますが、実はこのUVAがシミやしわの発生に大きく関わっていることが研究でもわかってきています。

どういうことかというと、波長が長いUVAは、肌の奥深くまで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。 例えば、コラーゲンを変性させ、シワなどの原因になっていくなど、長時間かけて気付かない間に肌に悪影響を及ぼしていたのです。 さらに、UVAは、オゾン層を通り抜けやすく、常にUVBの20倍以上も地上に降り注いでいます。雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているの で、曇りの日でも日当たりの良い家の中でも対策が必要です。また、1年通して紫外線は降り注いでいるので、日焼け対策はいつでもしたほうがいいでしょう

当サイト掲載中!おすすめ商品はこちら!

美白化粧品総合おすすめランキング

富士フィルム アスタリフトホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
アルブチン
美容成分アスタキサンチン
初回特典トライアル・送料無料
アンプルールラグジュアリーホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体・
アルブチン
美容成分 新安定型ハイドロキノン
初回特典 トライアル・送料無料
ディセンシア サエル

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 エスクレシド(独自成分)
初回特典 トライアル・送料無料
ヤクルト リベシィホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 3種の乳酸菌
初回特典 トライアル・送料無料
米肌美人 ライスフォース

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 各種ライスパワーエキス
初回特典 トライアル・送料無料