TOPページ > 基礎知識 > 肝斑(かんぱん)とは

肝斑の原因やケア方法

肝斑(かんぱん)は、目のまわり以外の部分に左右対称に現れるのが特徴です。
左右の頬骨に沿って筆で書いたようなものや、左右に蝶々のようにもやっと広がるタイプ、両側のこめかみ付近に小さく現れるものなどがあります。

左右対称ではありませんが、口のまわりや額にもできることがあります。 地図のようにべったりと見えるので、両ほほ骨あたりにできると、不健康そうに見えて、顔全体の印象を大きく変えてしまうことになります。

肝斑ができる原因は、ほかのシミとは違い、女性ホルモンのバランスと深い関連があるといわれています。
30~40代の女性に多くみられ、妊娠時に現れることも多いようです。妊娠2~3ケ月ころからでき始め、次第に色が濃くなります。出産後には少しずつ薄くなっていく場合もありますが、そのまま改善しないこともあります。
また、経口避妊薬(ピル)によって生じることもあります。 ほかのシミと同じように、紫外線に当たりやすい部位にできやすいことと、紫外線を浴びると症状が悪化することから、紫外線との関連も重要だと考えられているそうです。

ほかにも肝斑は、ストレスも関係しているのではないかといわれています。シミの原因であるメラニンを作り出すのは、メラノサイトという細胞で、メラノサイトは紫外線やホルモンの影響を受けて、メラニンを作り出します。そのホルモンの分泌に多大に関連しているのが、ストレスだからです。

このように、肝斑は、体の内側に大きな原因があるシミなので、スキンケアだけでなく、生活リズムを整えて、うまくリラックスするなどの工夫が必要です。ストレスをためないようにすることも大事です。

肝斑の改善方法として、美白化粧品を使用する場合は、コケモモの抽出成分であるアルブチンが効果的と考えられています。他のシミと同様に、メラニンの排出を促すケミカルピーリングなどの方法もあります。

それでも、なかなか効果が感じられないときは、内服薬のトラネキサム酸がおすすめです。トラネキサム酸は、肝斑の改善薬としての効果が認められている成分で、内服することによって有効成分が血流にのって、肌のすみずみまで届けられ、奥深くにあるメラノサイトに効果を発揮するといわれています。

肝斑は、レーザー治療で悪化する可能性があるので、注意しましょう。

当サイト掲載中!おすすめ商品はこちら!

美白化粧品総合おすすめランキング

富士フィルム アスタリフトホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
アルブチン
美容成分アスタキサンチン
初回特典トライアル・送料無料
アンプルールラグジュアリーホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体・
アルブチン
美容成分 新安定型ハイドロキノン
初回特典 トライアル・送料無料
ディセンシア サエル

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 エスクレシド(独自成分)
初回特典 トライアル・送料無料
ヤクルト リベシィホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 3種の乳酸菌
初回特典 トライアル・送料無料
米肌美人 ライスフォース

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 各種ライスパワーエキス
初回特典 トライアル・送料無料