TOPページ > 基礎知識 > 日光性色素斑とは

一般的なシミ「日光性色素斑」とは

一般的に言われるシミの多くは、日光性色素斑と呼ばれるタイプがほとんどです。
顔や手の甲、腕など日光に当たる部位にでき、大きさは5mm~2cmくらい。できはじめは、薄い茶色ですが、だんだん濃くなっていくことが多く、円形や不整形のものがあるのが特徴です。

日光性色素斑は、加齢と紫外線を浴びることによってできるシミの一種です。
20代前半など若いうちは、紫外線を浴びてもシミにはなりませんが、30代を過ぎると、肌の老化によりメラニン色素が蓄積して、肌表面にシミとなって現れます。
通常、肌細胞は、シミの元となるメラニンとともに、30日程度でアカとなってはがれ落ちる肌の新陳代謝サイクルを繰り返しています。しかし、老化と日光によるダメージを受けた肌細胞は、ターンオーバーが乱れ、メラニンがうまく排出できなくなり、色素沈着を起こすのです。

日光性色素斑が、さらに紫外線を浴びてしだいに色が濃くなっていくといわれるものになります。
60代になると、どんな人でも日光が当たりやすい顔や手の甲などにでき、隆起してきて、同時に老人性イボが生じることがあります。

日光性色素斑ができないようにするためには、まずは、紫外線を浴びないようにすることです。
日焼け止めをこまめに塗ったり、できるだけ露出の少ない服を着る、帽子や日傘を使用するなど工夫しましょう。
そして、まだ色が薄いうちであれば、メラニンの生成を抑え、シミを防ぐ効果があるビタミンCなど有効成分が配合された美白化粧品を使うのがいいでしょう
例えば、AHAなどメラニン色素の排出を促す成分が配合された美容液や洗顔料でケミカルピーリングをすると、目立たなくすることもできます。 これらの美白化粧品は、使えばすぐに効くというものではなく、ある程度継続して使用することで効果が発揮されるものが多いです。

色が濃くなってしまったシミは、レーザー治療などの外科的処置で除去することができます。少しの間は、痕が残りますが、時間が経過すると目立たなくなります。

当サイト掲載中!おすすめ商品はこちら!

美白化粧品総合おすすめランキング

富士フィルム アスタリフトホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
アルブチン
美容成分アスタキサンチン
初回特典トライアル・送料無料
アンプルールラグジュアリーホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体・
アルブチン
美容成分 新安定型ハイドロキノン
初回特典 トライアル・送料無料
ディセンシア サエル

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 エスクレシド(独自成分)
初回特典 トライアル・送料無料
ヤクルト リベシィホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 3種の乳酸菌
初回特典 トライアル・送料無料
米肌美人 ライスフォース

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 各種ライスパワーエキス
初回特典 トライアル・送料無料