TOPページ > 基礎知識 > クリニックでのシミ除去方法

クリニックでのシミ治療にはどんなものがあるのか?

シミは潜在し、5年から20年かけて顔の表面に出てきます。
今、予防を徹底的に行っていても、昔に浴びた紫外線の影響で、シミが出来てしまうことも。
ビタミンCを摂取したり、美白化粧品を使っていたりしても、自分でケアするには限界があります。
そんな時は、プロの手を借りてみるのも一つの手でしょう。

クリニックでのシミ治療には様々あり、シミの種類や状態によって変わってきます。

<治療方法>

光治療(フォトフェイシャル)
顔全体に光を照射する方法です。
肌のターンオーバーを高め、沈着してしまったメラニン色素に反応し、除去します。
肌の弾力を甦らせ、アンチエイジングにも最適な光治療は、痛みが少ない治療法でもあり、術後すぐに洗顔やメイクが可能なのも嬉しい点でしょう。
数回の照射によって効果が現れ、3週間から4週間に1回のペースが目安です。

レーザー治療
メラニン色素に反応するレーザーを用います。
皮膚の奥深くに沈着したメラニン色素を焼いて、除去する方法であり、光治療よりも部分づかいに適しています。
真皮層のシミや厚みを持ったシミに有効で、複数回の照射は必要なく、一度でシミが薄くなることが実感できるでしょう。
特に、老人性色素斑、脂漏性角化症、そばかす、肝斑、炎症性色素沈着、ADMなどの改善に使用されます。

ケミカルピーリング
酸を使い、古い角質や表皮を剥がす治療法です。
肌のターンオーバーを促進させ、残留してしまったメラニン色素の排出に働きかけます。
術後は紫外線の影響を受けやすいので、徹底的なUVケアが必要になります。
回数を重ねるごとに、肌の再生能力が高まり、美肌を実感できるはずです。

ビタミンC誘導体イオン導入
皮膚に微弱電流を流すことで、美白成分を肌の奥深くへと浸透させます。
シミの改善におけるビタミンCの効果を実感できる治療方法でしょう。

その他にも、
●美白に有効な成分を血中に注入する「美容点滴」
●美白成分ハイドロキノン、肌の新陳代謝を促進するレチノイン酸などを塗布する「塗り薬」
●体の中から美白を支える「内服薬」
などの、併用して行うことで、さらに効果が高まる治療法もあります。

クリニックの、安全で効果的な治療方法は、シミの改善には特に成果が出やすいでしょう。

当サイト掲載中!おすすめ商品はこちら!

美白化粧品総合おすすめランキング

富士フィルム アスタリフトホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
アルブチン
美容成分アスタキサンチン
初回特典トライアル・送料無料
アンプルールラグジュアリーホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体・
アルブチン
美容成分 新安定型ハイドロキノン
初回特典 トライアル・送料無料
ディセンシア サエル

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 エスクレシド(独自成分)
初回特典 トライアル・送料無料
ヤクルト リベシィホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 3種の乳酸菌
初回特典 トライアル・送料無料
米肌美人 ライスフォース

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 各種ライスパワーエキス
初回特典 トライアル・送料無料