TOPページ > 基礎知識 > シミの種類

何らかの原因で起こってしまうメラニン色素の生成や排出の異常

新陳代謝によるメラニン色素の生成や排出に異常を来たし、出来てしまうシミ。
原因は様々で、
●紫外線によるメラニン色素の生成
●加齢のよる新陳代謝の低下がもたらす皮膚再生及び修復能力の衰え
●喫煙によるビタミンCの破壊がもたらす肌へのダメージ
●睡眠不足、ストレス、疲労などによる細胞の酸化
●血行不良がもたらす体内の老廃物の蓄積

などが挙げられ、複数の要因が重なって、シミが出現してしまうこともあります。

原因別にシミを分けると、大きく5つの種類分けが出来ます。

紫外線が原因となるシミ
紫外線を浴びることにより、出来てしまうシミであり、年齢に関係なく現れます。
日光性老人性色素斑、花弁状色素斑、そばかす(雀卵斑)、後天性真皮メラノサイトーシス(遅発性両側性太田母斑)、脂漏性角化症(老人性疣贅)などが挙げられます。

肝斑
紫外線のみならず、婦人科系疾患や、ホルモンバランスの変調が原因となるシミです。
女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスの崩れが要因になります。
妊娠後期や更年期には、メラノサイト刺激ホルモンが通常の十倍近く分泌されることから、メラニン色素の過剰生成が起こりやすく、出現しやすいシミでしょう。

炎症が原因となるシミ
ニキビ、ニキビ跡、火傷、アトピー性皮膚炎、化粧品かぶれなど、皮膚の炎症が原因で出現するシミです。
肌の炎症は活性酸素を発生させるため、メラニン色素が過剰に生成されます。
このメラニン色素が排出されずに、色素沈着すると、炎症性色素沈着というシミになってしまいます。

女子顔面黒子症
加齢や更年期の影響により、卵巣機能に障害が起きます。
卵巣機能が低下した状態では、紫外線や外部の刺激に対して皮膚が敏感になり、シミが出来やすくなるのです。
これは女性特有のシミでしょう。

摩擦黒皮症
摩擦により皮膚がダメージを受け、出来てしまうシミの種類です。

紫外線のみならず、様々な要因がシミを作り出します。
原因によるシミの種類を紹介しましたが、出来る大きさや場所、形などによっても種類分けが出来、それぞれに特徴があるのです。
自身のシミのタイプはどの種類か、見極めることで、より効率的なシミ対策が行えるのです。

当サイト掲載中!おすすめ商品はこちら!

美白化粧品総合おすすめランキング

富士フィルム アスタリフトホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
アルブチン
美容成分アスタキサンチン
初回特典トライアル・送料無料
アンプルールラグジュアリーホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体・
アルブチン
美容成分 新安定型ハイドロキノン
初回特典 トライアル・送料無料
ディセンシア サエル

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 エスクレシド(独自成分)
初回特典 トライアル・送料無料
ヤクルト リベシィホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 3種の乳酸菌
初回特典 トライアル・送料無料
米肌美人 ライスフォース

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 各種ライスパワーエキス
初回特典 トライアル・送料無料