TOPページ > 基礎知識

基礎知識

  • そもそも美白とは? 白く美しい肌、それは、誰もが憧れ、理想とする肌ではないでしょうか。紫外線から肌を守り、シミやくすみなどの肌トラブル対策にも良いスキンケア情報をお届けします。
  • 日本の美白ブームの歴史 美白化粧水や美白クリームなどの化粧品類から、体の中から美白に働きかける美容点滴やサプリメントなど美白ブームの今ですが、一体いつから美白は親しまれていたのでしょうか。
  • シミが出来るメカニズム 美白の大敵と言えば、シミ。しかし、そのシミは一体何が原因でできるのかご存知でしょうか?ここでは、シミの原因となる紫外線を受けた肌の変化についてご紹介します。
  • メラニン色素の役目と発生原理 シミの発生に大きく関わるメラニン色素。このメラニン色素は紫外線の悪影響から守ってくれる物質です。メラニン色素が存在しなければ、私たちは紫外線の脅威にさらされてしまいます。
  • シミの種類 新陳代謝によるメラニン色素の生成や排出に異常を来たし、出来てしまうシミ。原因は紫外線や炎症など様々ですが、特に大きく5つに分けることができます。
  • シミの種類と一覧と特徴 シミには出来る場所や大きさ、形などにより、様々な種類があります。ここでは、シミの種類とどのような原因でできてしまうのかを一覧にして紹介していきます。
  • シミの予防方法 シミは一度出てしまうと、簡単には消し去ることが出来ません。日頃から、シミが出現しにくい肌環境を作りましょう。そこでUVケア方法や摂取したほうがよいビタミンなどシミの予防方法をご紹介します。
  • シミの改善方法 出来てしまったシミの改善は容易ではなく、正しい方法で行わなければならないからです。シミを間違った方法でケアしてしまうと、改善するばかりか悪化してしまうので注意が必要です。
  • 美白化粧品の概念 美白化粧品を使用することで、シミが出来やすい乾燥状態の肌を十分に保湿することができ、肌のターンオーバーを促進します。肌の再生サイクルが正常になることで、メラニン色素の排出に働きかけ、美白を叶えるのです。
  • クリニックでのシミ除去方法 予防を徹底的に行っていても、昔に浴びた紫外線の影響で、シミが出来てしまうこともあり、自分でケアするには限界があります。そんな時は、プロの手を借りてみるのも一つの手でしょう。
  • そばかすとは 雀卵斑(そばかす)は、文字通り、スズメの卵の模様に色や形が似ていることから名づけられました。鼻のまわりや目の下などに、直径5mmまでの小さな色素斑が現れます。手の甲や肩にもできることがあります。3才くらいからみられ、だんだん消えていくというが一般的ですが、生活によっては消えないこともあります。
  • 日光性色素斑とは 一般的に言われるシミの多くは、日光性色素斑と呼ばれるタイプがほとんどです。顔や手の甲、腕など日光に当たる部位にでき、大きさは5mm~2cmくらい。できはじめは、薄い茶色ですが、だんだん濃くなっていくことが多く、円形や不整形のものがあるのが特徴です。
  • 肝斑(かんぱん)とは 左右の頬骨に沿って筆で書いたようなものや、左右に蝶々のようにもやっと広がるタイプ、両側のこめかみ付近に小さく現れるものなどがあります。
  • ADMとは ADMは、日本語では「後天性真皮メラノサイトーシス」や「両側性遅発性大田母斑様色素斑」とよばれ、顔に発生する後天性皮膚疾患のひとつです。
  • シミの原因!紫外線の種類とは シミの原因となる紫外線には、波長の長い順にUVA(長波長紫外線)、UVB(中波長紫外線)、UVC(短波長紫外線)の3つがあります。
  • 【美白成分】アルブチン アルブチンは、肌の漂白剤として美容皮膚科などでも使用される美白効果成分ハイドロキノンの配糖体です。美白効果に優れているため、厚生労働省にも認可されている薬用(医薬部外品)の美白成分です。
  • 【美白成分】ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体は、角質層への透過を良くし、肌に吸収されてからメラニン色素に近い距離で酵素反応によってビタミンCに変化し、しかも長時間活性を持続する性質があります。
  • 【美白成分】エラグ酸 エラグ酸は、ある種の果物や木の実の中で自然に造られる天然ポリフェノールの一種です。ほかにも、エラグ酸は、ラズベリーやレッド(赤ラズベリー)に最も多く含まれていて、細胞の突然変異や発ガン物質を抑え、ガンを抑制する効果があります。
  • 【美白成分】プラセンタエキス プラセンタエキスは、細胞分裂を促進し新しい細胞をどんどん増やしてくれるため、キレイな肌の状態を持続する効果があり、美白効果や、シミ・シワの改善などのアンチエイジング効果で知られています。
  • 【美白成分】ハイドロキノン 現在、美白成分の中で一番美白力の高いと言われているのがこのハイドロキノンです。別名「肌の漂白剤」と呼ばれるほど、シミに効果的な成分で、アメリカではFDAが唯一認めている美白成分でもあります。
  • 【美白成分】ロドネロール ロドデノールは白樺の樹脂に含まれている天然物質の美白効果に着目してカネボウが研究開発して、特許取得している美白成分で、 2008年には厚生省から薬用美白成分としての承認を得ています。
  • 【美白成分】トラネキサム酸 トラネキサム酸がその美白効果を一番発揮するものは、肝斑(かんぱん)です。肝斑は、妊娠中や更年期の女性のホルモンバランスの乱 れによって引き起こされるという女性特有のシミで、目の下などに、モヤモヤとした感じで左右対称にできてくるシミのことです。
  • 【美白成分】リノール酸 リノール酸はベニバナ油やヒマワリ油などから抽出された不飽和脂肪酸で、体内で合成はされず、食べ物から摂取しなくてはいけない必須脂肪酸です。
  • くすみの原因の糖化とは? 糖化とは、たんぱく質や脂質が糖と結びつくことです。血液中に余分な糖分があると、体内のたんぱく質や脂質と結びついて変性させ、老化促進物質であるAGEsを作り出してしまいます。ちなみに糖化は、発見した人の名前を取ってメイラード反応とも呼ばれます。
  • 日焼け止めの選び方 どの日焼け止めのパッケージなどでSPF値やPA値という数字を目にするかと思いますが、この数値に気をつけて使い分けることが重要なポイントです。
  • 日焼けをした後のスキンケア 紫外線をあびて日焼けをすると、肌が乾燥し、バリア機能は衰えます。またサンバーンを起こしているときは特に炎症を起こししているので、しみたり、炎症を悪化させてしまうこともあります。
  • 美白を妨げるくまとは? クマとは、目の下に黒っぽく、または青っぽく、茶色っぽく症状として現れるものです。クマの色によってその原因は異なりますが主に、体調が優れないときや疲労・ストレス・眼精疲労などが原因だと考えられています。
  • 美白を妨げるくすみとは? くすみとは、肌が荒れている状態や肌に色むらがある状態、透明感がなく、肌の血行がよくなく黒ずんだ状態で普段よりも顔の肌色がトーンダウンしていることをいいます。
  • できたシミを消す方法 美白化粧品には「予防型(=シミの発生をブロックするもの)」と「還元型(=できてしまったシミを目立たなくするもの)」とがあるので、できてしまったシミには後者の美白化粧品を使用することがポイントです。

当サイト掲載中!おすすめ商品はこちら!

美白化粧品総合おすすめランキング

富士フィルム アスタリフトホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
アルブチン
美容成分アスタキサンチン
初回特典トライアル・送料無料
アンプルールラグジュアリーホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体・
アルブチン
美容成分 新安定型ハイドロキノン
初回特典 トライアル・送料無料
ディセンシア サエル

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 エスクレシド(独自成分)
初回特典 トライアル・送料無料
ヤクルト リベシィホワイト

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 3種の乳酸菌
初回特典 トライアル・送料無料
米肌美人 ライスフォース

シミ・ハリ同時にケアできる人気商品!

美白有効成分 ビタミンC誘導体
美容成分 各種ライスパワーエキス
初回特典 トライアル・送料無料